日本大学理工学部科学技術史料センター
長江啓泰

長江啓泰


人物年譜
 

長江啓泰 文庫

 日本の戦後のモータリゼーションをみるうえで、一般人の交通手段としての二輪車の普及は著しいものがあった。その時期に二輪車の運動特性を解析し、性能向上を促進した研究資料は、工学的にも非常に興味深いものがあり、1970年代の"交通戦争"と呼ばれ社会問題化した交通安全問題に対し、死者を半減するまでに改善した交通政策・交通安全教育の経緯などを示す資料は、歴史的な資料価値も高いとともに、今後の政策を検討するうえでも有用である。
 長江博士は、昭和10(1935)年7月5日に東京・大田区に生まれ、日本大学工学部(現・理工学部)機械工学科を卒業した後、同学大学院に進学し、昭和39(1964)年からは、日本大学専任講師として教鞭を執る傍らで、一貫して自動車ならびに二輪車の操縦性・安定性の研究に従事する。昭和46(1971)年に助教授、昭和52(1977)年に教授となる。
 オートバイの運動特性に関する実験解析においては、1950年代後半から日本国内において先駆的な成果を示している。特に、二輪車の前輪系の幾何学、力学的バンク角ならびに基礎運動方程式の導出については、40年以上経過した現在においても、それを基本とした取り扱いが続けられている。また、その研究過程における実車実験データ、解析データならびに導出経過を表す資料は、非常に研究資料性が高い。平成4(1992)年には、自動車技術会で二輪車の運動特性専門委員会初代委員長を務め、併せて昭和弱年からは自動車技術会規格委員会分科会委員として二輪車関連のISO、JISならびにJASOの改訂・制定に活躍した。
 一方で、長江博士は、交通安全問題についても、長期にわたり教育・規制など多方面における活躍をしており、自動車製造物責任相談センター理事、日本交通管理技術協会での運転シミュレータ試験審査委員会委員長、駆動補助付自転車・普通自転車の形式認定に係わる審査委員会委員長、中央環境審議会専門委員会委員など委員会を歴任している。また内閣総理大臣賞、交通栄誉章緑十字銅章、交通栄誉章緑十字金章を受章している。
 機械工学科長江研究室で二輪車ならびに四輪車のみならず、人間一機械系などのテーマを熱心に指導し、研究室から輩出された約250名の卒業生・修了生は、現在、輸送機器をはじめ各業界の一線で活躍をしている。
 ページTOPに戻る
閉じる閉じる