日本大学理工学部科学技術史料センター

設立趣旨

日本大学理工学部の前身は,大正9(1920)年に開設された日本大学高等工学校です。昭和3(1928)年には,土木・建築・機械・電気の4学科からなる日本大学工学部が発足,これは,私立大学では2番目の工学系大学でした。今回設立した日本大学理工学部科学技術史料センター(CST MUSEUM) は,わが大学の諸先生の残された遺産を収集・継承するとともに,本学部の歴史と文化を目に見える形で継承・発展させることに大きなねらいがあります。大学はともかく,理工学部独自でこの種の施設を有するのは,日本でも先駆的なものではないかと自負しています。
 CST MUSEUM では,文献・史料だけでなく,模型や実物などの「モノ」も収集・展示しています。しかし,このような役割だけでなく,今後,社会が多様化・高度化するにつれて要請される多面的な要求に応えるため,卒業生や一般社会人,法人会員の調査研究の場にも対応したいと考えています。
 今後,みなさまの知恵と工夫を生かして,魅力的なMUSEUM づくりをめざしたいと思います。


目的

日本大学理工学部科学技術史料センター(CST MUSEUM) は,学部内外に所在する本学部関係者がかかわる史料の収集,保管,展示並びに調査・研究を行い,併せて教職員,学生並びに一般の利用に供することを目的に設立されました。


活動内容

1. 史資料の収集,整理,保管及び展示
2. 調査・研究及び史資料の補完,展示等に関する技術的な研究
3. 各種史資料に関する解説並びに講習会,研究会,講演会及び映写会等の実施
4. 各種史資料に関する案内書,解説書,目録,年報,調査・研究報告書等の作成及び頒布
5. 学芸員養成のための教育支援
6. その他センターの目的達成に必要な事業