日本大学理工学部科学技術史料センター

特別展

日本大学理工学部科学技術史料センター 第15回特別展

物質応用化学科

日大理工のちから XI
物質応用化学科「化学の眼で見たら日常は異世界だった。」展


後援:船橋市教育委員会、理工学部校友会、
   理工学部校友会工業化学部会

2018年7月26日(木) ~ 2019年6月27日(木)
10:00~17:00 日曜・祝日休館 入場無料
日本大学理工学部科学技術史料センター(CST MUSEUM)
日本大学理工学部船橋キャンパス5号館2階


 物質応用化学は、化学を基礎として物質の性質や化学反応を学び、環境や生命に調和した新物質の創造と実用化を見出しています。これらの学問とその技術は、私たちのの身の回りの衣料、食品、住居、制約や製剤などの医薬品、人工関節などの医療分野、自動車、スマートフォン、石油などを生成する化学工学(蒸留技術)や、微細藻類による地球温暖化対策など、人日のの暮らしを豊かにしています。
 本展では、創設80周年を迎える歴史ある「物質応用化学」が、錬金術の時代から未来まで、さまざまな技術を読み解いていきます。ぜひ、ご来場いただき、見て、触って、化学を体験してください。


WORKSHOP

●申し込み:CSTミュージアム
電話:(047)469-6372 E-mail:cst-m@museum.cst.nihon-u.ac.jp

第1回自然界に学ぶ“色”を作ろう

日時8月4日(土)・8月5日(日) 10:00~15:00

担当須川先生

自然界に生きる生物たちから学び、鮮やかな“色”を体験しよう。

第2回変幻自在なプラスチック樹脂の不思議

日時10月27日(土) 10:00~15:00

担当伊掛先生

PET樹脂を使ってプラスチックで、オリジナルのボールペンを作ってみよう

第3回まぜて~のばして~光るスライムをつくろう

日時12月1日(土) 10:00~15:00

担当鈴木先生

プルプルののびるスライム。暗闇で光るスライムを作ってみよう!

※ 第4回・第5回は2019年に開催予定です。